文字サイズ

背景色の変更

メニュー

資料の簡単検索

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. おすすめ図書

おすすめ図書

WebOPACの図書館おすすめには、毎月の特設コーナーの図書、毎月広報そでがうらに掲載しているおすすめ図書、主要文学賞の受賞作、子ども向けの各種図書リストに掲載された図書などを、リストにして掲載しています。

おすすめ図書はこちら別ウィンドウで開きます

図書館員のおすすめ図書

図書館員がテーマを決めておすすめの図書を紹介します。下記のテーマタイトルのリンクをクリックすると、該当のテーマに移動します。

過去の図書館員のおすすめ図書

ミニシアターのすすめ

 ミニシアターとは、ロードショーなどのブロックブッキングシステム(事前に決められた作品を同系列のすべての映画館で一定期間上映する方式)を取らない、独立した形態の映画館のことです。ハリウッド映画のような有名作品もいいけれど、アート性の強い作品やまだ無名の監督、日本ではそれほど話題になっていない海外の作品をいち早くチェックできるミニシアターに足を運んでみてはいかがでしょうか。
ミニシアター巡礼 書影

ミニシアター巡礼
代島 治彦 大月書店/発行

予約する別ウィンドウで開きます

 昨今、ミニシアターの閉館が相次いでいます。しかしその苦境の中、日々薄氷を踏む思いで切磋琢磨して映画館を守っている人たちがいます。全国12館の映画人を訪ねインタビューをした著作です。

そして映画館はつづく 書影

そして映画館はつづく
フィルムアート社/編 フィルムアート社/発行

予約する別ウィンドウで開きます

 全国の映画館主をはじめとして、配給、上映関係者、ミニシアター・エイド事務局、映画監督・黒沢清、俳優・橋本愛らが、「映画館のこれまでとこれから」を語っている著作です。全国のミニシアターガイドも収録されています。

全国85劇場ミニシアターのある街へ。 書影

全国85劇場ミニシアターのある街へ。
米谷 奈津子/著 ジェイティビーパブリッシング/発行

予約する別ウィンドウで開きます

 全国から厳選した15館のミニシアターを、劇場周辺のお散歩ガイド付きで紹介した著作です。日本全国のミニシアターや俳優・井浦新のインタビューなども収録されています。

パスティーシュはいかが?

 パスティーシュとはフランス語で「模倣作品」の意で、文学では既存の作品の文体や雰囲気、その世界を模倣した作品のことを指します。例えばコナン・ドイルの名探偵シャーロック・ホームズのパスティーシュは数多く出版されており、パスティーシュが存在するイコール名作の証明とも言えます。そんなパスティーシュの中から比較的読みやすい選りすぐりの3点を紹介します。
おやすみなさい、ホームズさん 書影

おやすみなさい、ホームズさん 上下巻
キャロル・ネルソン・ダグラス/著,日暮 雅通/訳 東京創元社/発行

予約する別ウィンドウで開きます

 職を失いロンドンをさ迷っていたペネロピ―は、窮地を救ってくれた1人の女性アイリーンと生活を共にすることになります。彼女は女優にしてオペラ歌手、ときには探偵稼業も営んでいました。ある日宝石商のティファニー氏から、マリー・アントワネット所縁のダイヤモンドの捜索を依頼され…。名探偵シャーロック・ホームズ「ボヘミアの醜聞」で、ホームズが唯一敬意を表した女性、アイリーン・アドラーを主人公に据えた冒険ミステリーです。

ルイザと女相続人の謎 書影

ルイザと女相続人の謎
アンナ・マクリーン/著,藤村 裕美/訳 東京創元社/発行

準備中別ウィンドウで開きます

 1854年のボストン。作家志望のルイザは新婚旅行から帰ってきた親友ドッティを訪ねますが、突然の友の死を知らされます。ドッティの死が他殺と判明したことから、ルイザは独自に調査を開始しますが…。本書の探偵はなんと、「若草物語」執筆前の若きオルコットです。19世紀のアメリカの生活や、「若草物語」のジョーを彷彿とさせる行動的に推理を展開するオルコットの様子など、オルコットファン必読の楽しいミステリーです。

贋作吾輩は猫である 書影

贋作吾輩は猫である
内田 百間/著 福武書店/発行

予約する別ウィンドウで開きます

 夏目漱石の「吾輩は猫である」の猫が、落ちた水瓶から死なずに這い上がった後の物語です。なぜか這い上がった先は40年後で、猫はドイツ語教師の五沙弥先生の家に居候することになります。そこに集まる風船画伯、未然和尚など風変わりな人物達のやり取りを猫の目から見た、もうひとつの「吾輩は猫である」と言えます。本家本元に比べると、百閒独特のひょうひょうとした語り口が面白い作品です。

ページのTOPへ